<株式会社クラヴィス>

<メニュー>

トップページ
破産管財人就任のご挨拶とご連絡
受任通知及び履歴開示請求書の送付先等について
今後のお支払いについて
破産手続きに関するQ&A
債権届出に関するQ&A
訴訟の進捗状況について

<破産手続きに関するご質問>

2.本破産事件の手続について

借入金の返済について

Q27.潟Nラヴィスから借入れをしていますが、破産手続開始によって、今後返済義務はなくなりますか。

潟Nラヴィスの破産手続開始により返済義務がなくなることはありません。ただし,利息制限法所定の制限利率による引き直し計算により,残元金が減少もしくはなくなる可能性があります。


Q28.今後の返済についてはどのようにすればよいのですか。

利息制限法所定の制限利率により引き直し計算を実施してもなお返済義務が残る方に対する債権について,裁判所の許可を得た上で,平成26年6月22日付けにて,一般社団法人全国サービサー協会を通じて選定した業者に対し,債権譲渡を行いました。そのため,今後のご返済は,当該譲受人に対して行って頂くことになります。詳細につきましては,該当する方宛に,「債権譲渡のご通知」等が送付される予定ですので,そちらをご参照下さいますようお願いします。

Q29.破産手続が始まった後,口座が凍結されて返済ができなくなってしまいましたが,その間,遅延損害金は発生するのでしょうか。

破産手続開始後,債権譲渡を行うまでの期間における利息や遅延損害金は請求しない方針です。


Q30.破産手続開始後,潟Nラヴィスの預金口座が凍結されたために返済ができなくなってしまいましたが,そのことによって信用情報機関に登録されることはありますか。

少なくとも,口座凍結期間中にお支払いがないことについて,破産管財人から,ご契約者の方の信用情報を信用情報機関に提供することはありません。

Q31.係属中の貸金返還請求訴訟はどうなりますか。

原則として,係属中の貸金返還請求訴訟は,潟Nラヴィスの破産手続開始決定により中断しておりました。今般,債権譲渡(Q18をご参照ください。)に伴い,係属中の貸金返還請求訴訟についても譲受人に承継されることとなりますので,これらの訴訟の今後における取扱いについては譲受人において判断されることになります。


【Q&A】
1.破産手続一般について

2.本破産事件の手続について

潟Nラヴィスの旧商号等について
潟Nラヴィスにおける過払金の計算方法について
係属中の訴訟について
過払金債権があるかどうか分からないという方
取引履歴について
裁判所・破産管財人からの通知関係
配当手続きについて
債権届出について
借入金の返済について
債権者集会または説明会等について
潟Nラヴィスの財産状況について
完済証明書の発行

▲ページトップへ

〒530-0005
大阪市北区中之島2丁目2番2号
大阪中之島ビル8階 小松法律特許事務所内
TEL 06-6221-3358
FAX 06-6221-3344
E-mail. information@clavis-kanzai.jp

copyrightc2012 CLAVIS Co.,Ltd. all rights reserved.